試合中にGKがしなければならないこととは!?12月28日 ライブレクチャー

あけましておめでとうございます!!そうまコーチです!

今回はライブレクチャー!!

今回はスクール生の選手の試合に映像を使わせていただきました!!
ご協力いただきありがとうございます!!



ゴールキーパーって試合中、何をしなければいけないか知っていますか?


ゴールキーパーって、走らなくていいし楽そう……

シュートが来るまで、立ってるだけでしょ?


そんなことを思ってないですか?(笑)


ゴールキーパーって試合中やることがたくさんあるんです!!そこができるようになると、ゴールを守れる確率は格段に上がります!!


レポートを見て、自分もしているかどうか答え合わせをしてみてくださいね☺

友だち追加

ボールが来ない39分間、何をする?


ゴールキーパーがボールをプレーする時間って何分ぐらいだと思いますか?


試合の展開にもよりますが、シュートを打たれて止めるのは数秒ですよね!

他のプレーと合わせても、手でプレーするのは1分くらいかもしれません!


めちゃめちゃ攻められたらもう少し忙しいかもしれませんが笑


小学生の試合が20分ハーフだとして、39分間はボールは触っていないことになります。

では、その時間に何をするのか!?ってことですね!


コーチングでシュートを打たせない守備を作る



ゴールキーパーは、ボールが来ていない時でも相手に攻撃されることを考えなくてはいけません!


頭が攻撃だけになってはいけないということです。


ここで、何をしゃべったらいいか分からない!という問題が出てくると思います。


そういう時は、あらかじめパターン化しておくと分かりやすいと思います!!


コーチングはパターンです!チームにも守り方があると思います。


こうなったら、だれが出る!とかパターンがあると思うので、それを覚えましょう!

方法として一番簡単なのは、コーチや監督が試合中に言っていることをよく聞いてみましょう!!


コーチや監督は危なくなりそうなところを言っていると思うので、それをそのままパターンとしてコーチングに使うのもいいと思います!!


あとは、ボールに寄せろ!やマークにつけ!やカバーの声などこれもパターンですね!!


しっかりと役割をつたえることでシュートを打たせない!ピンチを未然に防ぐことができます!!

自分がプレーできる準備をする



そしてなにより大切なのが、自分の準備をすることです!!


レクチャーで確認したシーンでは、スタートポジションが低いという問題が多くありました!


このミスは小学生年代だと多く見られます。


シュートを入れられないポジションを取りながら、スルーパスを狙えるポジションを取っていくことで前のスペースを守っていくことができます!!


試合中の準備が勝負を分ける!!



試合中にはコーチングをしながら、自分の準備をしなければいけないことがわかっていただけたと思います!!


コーチングもチームも盛り上げる声も重要です!!
ただ同時に、自分のポジションをしっかりとっていく。


これを試合中、ずっとやり続けるわけです。ということは集中力が必要です!!


大きい声を永遠に出す必要はないですが、なるべく声をかけ続ける。


そうすることで、アラート(集中力が研ぎ澄まされた状態)になることができます!!


こういった準備は目には見えないかもしれません。


ただ試合中に良い準備ができるGKは結果的にゴールを守っているということですね☺


準備がパーフェクトなゴールキーパーを目指していきましょう!!




コーチングって何をしゃべったらいいの?


いい準備ってどんな準備をしたらいいの?


ゴールキーパーで悩みを持っている選手は、一度無料体験へ来てみてくださいね!!

お待ちしております!!


友だち追加

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です