GK専門スクールの必要性

こんにちは! ディバイン 岐阜GKスクールの佐藤です。

6月末から、プレスクールが開校します。

こちらのブログではスクール活動や、GKに関する情報、私自身の想いなどを発信していきたいと思います!

記念すべき最初の投稿は、、、

『GK専門のスクールの必要性』

についてです!

GKの重要度と育成年代の現場で感じること、GK専門スクールの価値を踏まえながらお話していきます。

まず皆さん、サッカーで一番重要なポジションはどこだと思いますか?

正解は・・・

なんと…

ゴールキーパー

なんですね。(大体分かってたわ!っていう方、お許しください。)

と、いうのもサッカーのルール上、必ずGKは配置しなければ試合はできません。

GKが退場したら代わりのGKを入れなければいけませんし、代わりのGKがプレーできない場合はフィールドプレイヤーがGKのユニフォームを着て、試合に出なければなりません。

もう一つは、

勝敗に直結するポジション

だということです。

ある世界的な監督は、

『GKの出来によってそのシーズンの勝ち点は10ポイント違う』と言いました。

すごく大切な試合や、チームが苦しいときに確実なプレーができるGKの存在はすごく大きいということです。

例えば勝ち点が10違うとどうなるのか、見てみましょう!

こちらは、2019年のj1リーグの最終順位です。

※画像はjリーグ公式からお借りしました。

お気づきの方も見えると思いますが、勝ち点が10違えば結果は全く違うものになります。

この順位表でいうと、3位の鹿島アントラーズが優勝4位の川崎フロンターレも同勝ち点になります。

さらに11位のベガルタ仙台が降格圏内10位のコンサドーレ札幌もプレーオフと同勝ち点になります。

失点を減らせれば、負け=勝ち点0 を減らせる。ということですね。

これはあくまでもプロの話ですし、試合に負けるのはGKだけの責任ではありません。

ですが、この2つのポイントだけでもサッカーという競技スポーツにおいて、どれだけGKが重要か分かっていただけると思います。

そしてGKという重要なポジションをプレーするためには、たくさんの要素が必要になります。

もちろん攻撃に参加するキック、パスなどの足元の技術、ペナルティエリア外でのプレーも必要です。

ですが、GKにとって一番重要な

ゴールを守る

には、専門的な練習やGK特有の技術、戦術を身に着ける必要があります。

そしてこれからは、カテゴリーが上がるにつれサッカーの戦術はより複雑になり、多くのことがこなせる選手が必要とされていきます。

だからこそ、育成年代でのGKの専門的な指導が必要になり、その重要度はさらに増していくと思います!

ですが実際の少年サッカーの現場では、GKコーチがいないチームが多く、まだまだ環境が整っているとは言い難い状況です。

もちろん、指導者のみなさんはGKをなんとかしてあげたい!

と思っているはずですが、なかなか難しい現状もあるのではないでしょうか?

そんな想いの解決策として、

『週1回のGK専門トレーニングを受ける』

というのはどうでしょうか?

ここはチームではなく、『週1回のGKスクール』です。

当スクールで学んだことを、自分のチームで活かしていただき、活躍していただくためのスクールです。

GKのことで悩んでいる選手、保護者の方、指導者の方。

一人で悩んで、立ち止まってしまうのではなく、一緒に解決しませんか?

その一歩が、自分を、わが子を、選手を変える一歩になるかもしれません!

GKに関する想い、悩みをお持ちの方はまずはプレスクール(無料体験)へ!

皆様の参加をお待ちしております!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                                          

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です